◇ ゲイシャコーヒーとは

ゲイシャ(Geisha)種はスペシャルティコーヒーの世界で最も注目を集めている品種です。
1931年エチオピア南西部のゲシャ村で発見され、発祥地のゲシャ村から「ゲイシャ」と名付けられました。
パナマの農園にゲイシャが持ち込まれたのは1960年代半ばですが、生育が悪く農園からは一度見放されてしまいます。
しかし、2000年当初パナマ ボケテ地区にありラ・エスメラルダ農園でゲイシャが赤いオリーブのような実を実らせゲイシャコーヒーの再発見につながりました。
2004年コーヒーオークションに出したところ今までにない味と品質の高さに鑑定士を驚かせ通常の10倍の価格で落札をされます。
以後、ゲイシャコーヒーは高い評価を受ける中で価格も右肩上がりに更新していきます。2013年では1ポンド350ドルという最高価格で落札をされゲイシャは世界一高価なコーヒーと言われ続けています。
今回は、ゲイシャ種発祥ゲシャビレッジ農園より風味特性が素晴らしく表現をされた最高品質のゲイシャコーヒーをお届けいたします。


◇ ゲシャビレッジ農園

2007年エチオピア政府からコーヒーのドキュメンタリー映画製作依頼をきっかけに、エチオピアの人々の生活、文化、風習に魅了され根底にあるコーヒーの生産を決心したアメリカ生まれのアダム氏とエチオピア生まれのレイチェル夫人。
夫婦は初め首都アディス近郊で農園を探しますが、求める環境や気候が合わずいつしか遠方まで探索範囲を広げたどり着いた土地がゲイシャ種発祥の地であるゲシャ村でした。
 当時は、政府により道路が敷かれていたとはいえ農園まで首都アディスから車で2日かかりました。
単に農園を訪問するだけでなく、農園建設資材の運搬など困難を極めました。
川に橋を渡し、人手を確保、一つずつ地道に困難を乗り越え一年かけて農園を開設しました。


◇ ゲシャビレッジが作られるまで

エチオピアの西の果ての鬱蒼と茂ったベンチ・マジ地区の森があります。この大自然の中ニゲシャビレッジ農園があります。
農園は標高・土壌・品種に応じ8つの区画に分けられています。
 今回の収穫エリアであるオマ地区(OMA地区)は農園の最南端に位置をしています。
特に原生林に囲まれたエリアである事から、コーヒーの木はしっかりと土壌に根付き、風味特性が素晴らしく表現されているエリアでもあります。
また、標高も高く昼夜の寒暖差と霧によりチェリーがゆっくり成熟することで更に風味特性が明確につくられています。
 このOMA地区と最西端SHAYA地区はその良質なコーヒーの敬意を込めて現地のメアニット族の2人の長の名前が地区名に付けられています。
誇り高き守護民族メアニット族の名に恥じない高品質なゲイシャコーヒーをぜひお楽しみください。



100g:1,512円 200g:3,024円 300g:4,536 400g:6,048 500g:6,426(15%OFF!)


エチオピア ゲイシャ ゲシャ・ビレッジ農園 ウォッシュド / コーヒー豆

価格: ¥1,512 (税込) ¥6,426 (税込)
[ポイント還元 45ポイント~]
豆の状態:
重量:
価格:
数量:
twitter

--------------------------------------------

原産国:エチオピア
地域:ベンチ・マジ地区 ゲシャビレッジ農園
品種:オリジナル・ゲシャ
標高:1931~2040m(OMA地区)
精製方法:ウォシュド


--------------------------------------------

【味テイスト】
柑橘系の香りと透き通る甘い爽やかな後味です。
甘み ★★★★★ 酸味★★★★ 香り★★★★ 苦味★★ コク★★★




炭焼きコーヒーへ

超おためしセット
当店のコーヒー豆を知っていただくには、このお試しセットで!送料無料でこの価格!

カレンダー
  • 今日
  • お休み

土日定休。
定休日前日のご注文は、お休み明けの発送となります。

共和コーヒー店直営店情報

QR

ページトップへ